高木征教(ときわ艦長)の経歴や顔画像は?パワハラは過去にも問題が?

Sponsored Links

こんにちは!MINATOです。

今年の9月に海上自衛隊の補給艦「ときわ」で、男性3等海尉が自ら命を経った事案について、内部アンケートで高木征教艦長からや上官からのパワハラがあったことが判明したようです。

男性3等海尉をパワハラで自ら命を経つ事態までに追い込んだ補給艦「ときわ」の高木征教艦長はどんな人物なのでしょうか?

そこで今回は、

  • 高木征教(ときわ艦長)の経歴や顔画像は?
  • 高木征教(ときわ艦長)のパワハラは過去にも問題が?

といった内容で紹介していきたいと思います。

それでは早速、本題へ入っていきましょう。

Sponsored Links

 

 

高木征教(ときわ艦長)の経歴や顔画像は?

まず、とわだ型補給艦の2番号ときわ艦長である高木征教艦長の経歴から見ていきたいと思います。

高木征教艦長は、2017年1月12日から補給艦「ときわ」の艦長を務めていますが、前職は「海上自衛隊幹部学校教育研究部学校」の教官を務めていました。

過去には、「うらが」の艦長も務めていた経歴をお持ちで、高木征教艦長はかなりエリートの印象を受けます。

では、高木征教艦長の顔画像を見ていきましょう。


複数の人がいるので分かりにくいかと思いますが、3枚とも同じ人物が写っているのが高木征教艦長です。

実際に高木征教艦長に会った方によると、「笑顔で親しみやすい感じ」との評判だったようです。

 

高木征教(ときわ艦長)のパワハラは過去にも問題が?

高木征教艦長が部下にパワハラをしたとして、大きな問題になっています。

パワハラを受けた男性3等海尉は、2018年9月にときわ艦内で自ら命を経ちました。

その当時、男性3等海尉がなぜ自ら命を経ったのか原因が不明でしたが、その後に亡くなった等海尉へのパワハラがあったという証言が乗員からあり、海上幕僚監部服務室が全乗員役140人に対して内部アンケートを実施。

そのアンケート結果から、高木征教艦長が男性3等海尉へのパワハラが発覚したのです。

パワハラの内容としては、「休むな」との指示があり、その他にも「消えろ」「◯ね」などの言葉を、男性3等海尉は浴びせられていたようです。

高木征教艦長は、男性3等海尉だけでなく、他の乗員にも殴ったりノートを投げつけるなどの行為があったと言われています。

そういったパワハラに対して、高木征教艦長は認めているそうですが、実は過去にも別の問題を起こしているようなんです…。

高木征教艦長は、前職に海上自衛隊幹部学校教育研究部学校教官の経歴をお持ちですが、広島県江田島市の海上自衛隊第1術科学校の課長だった2008年10月、この学校で行われた「格闘訓練中」に3等海曹が頭を強く命を落とす事故がありました。

当時、この事故について、1対1の形で訓練を実施していた時の事故であると海自呉地方総監部が発表していたのですが、実は誤った内容で発表していたのです。

実際には、15対1の形で訓練を実施しており、3等海曹は14人目の時に頭を強く打って命を落としてしまいました。

当時、課長だった高木征教艦長は「隠蔽する意図はなかった」とコメントし謝罪しています。

過去の出来事から今回のパワハラに繋がったというのは違うかもしれませんが、もし内部アンケートが実施されていなければパワハラが発覚しなかったかもしれないので、今回の出来事について高木征教艦長から事実をすべて話して欲しいなと感じました。

 

 

まとめ

今回は、

  • 高木征教(ときわ艦長)の経歴や顔画像は?
  • 高木征教(ときわ艦長)のパワハラは過去にも問題が?

に注目して紹介させていただきました。

国を守る自衛隊の組織でパワハラ問題が起き、男性3等海尉が自ら命を経ってしまったことは非常に残念でありません。

もう2度とパワハラが繰り返し起こらないことを強く願いたいです。

それでは今回はこれで以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

MINATO

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください