クロちゃんが手術した病院の場所と名前は?費用はいくらで誰が支払う?

Sponsored Links

こんにちは!MINATOです。

2018年10月に放送されたバラエティ番組「名医のTHE太鼓判!」で、眉間の裏部分の脳に直径7ミリの動脈瘤が判明し、くも膜下出血の危険性があると告げられた安田大サーカスのクロちゃん。

余命3年を宣告されていたクロちゃんが、今年の1月8日に脳動脈瘤を治療するカテーテル手術を受けていたことが分かりました。

そこで今回は、

  • クロちゃんが手術した病院の場所と名前は?
  • クロちゃんの手術費用はいくらで誰が支払う?

が気になったので調査してみました。

それでは早速、本題へ入っていきましょう!

Sponsored Links

 

 

クロちゃんが手術した病院の場所と名前は?

2018年10月に放送された「名医のTHE太鼓判!」の企画で人間ドッグを受診し、直径7ミリの脳動脈瘤が発見されたクロちゃん。

7mmを超えてくると破裂率が飛躍的に上がり、くも膜下出血の危険性が一気に高まるんだそうです。

番組では余命3年と宣告され突然の生命の危機に陥ってしまったクロちゃんは、2017年に脳出血を患った安田大サーカスのHIROさんにも背中を押され、今年の1月4日に入院し8日に2時間に及ぶ手術を行ったとのことです。

さて、クロちゃんが手術を受けた病院の名前と場所はどこなのでしょうか?

調べてみたところ、病院の名前は「北原国際病院」で、場所は東京都の八王子にあります。

クロちゃんが受けたカテーテルを使った塞栓術は無事に成功し、1月13日に退院したようです。

無事に手術が成功して本当に良かったなと思います。

 

クロちゃんの手術費用はいくらで誰が支払う?

番組でク脳動脈瘤が見つかり、治療するためにカテーテル手術を受けたということで、費用は誰が支払いのでしょうか?

また、手術の費用も気になるところです。

脳動脈瘤の治療で受ける手術は、

  • クリッピング術:
    頭にメスを入れて直接、脳動脈瘤の根元にクリップで潰す手術
  • コイル塞栓術:
    直径2mmのカテーテルを入れて、動脈瘤にコイルを詰めることで血液を固め破裂を抑える手術

の2種類があります。

クロちゃんが受けた手術は2番目のコイル塞栓術です。

そして、クロちゃんの手術費用は公表されていませんが、脳動脈瘤の手術では一般的に30万円ほどのようです。

そして気になるのは、手術費用は誰が支払うのかということです。

普通なら、クロちゃん自身が手術費用を負担するのが一般的な見方だと思います。

ですが、脳動脈瘤が見つかったのは番組での企画がきっかけなので、もしかしたら番組側が費用を支払う可能性もあります。

なぜなら、1月21日放送の「名医のTHE太鼓判!」で、クロちゃんの入院模様が放送されるからです。

当然ながら出演料が発生するので、結果として番組側が負担することになるのではないかと勝手に予想しました。

 

 

まとめ

今回は、

  • クロちゃんが手術した病院の場所と名前は?
  • クロちゃんの手術費用はいくらで誰が支払う?

に注目して紹介させていただきました。

余命宣告3年を告げられていたクロちゃんですが、無事に手術は成功し、一命を取り留めることができて本当に良かったなと思います。

不摂生な生活が原因のようなので、健康維持のためにもこれからは規則正しい生活を心掛けた方がいいかもしれませんね。

それでは今回はこれで以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました!

MINATO

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください