似鳥昭雄の家族・子供(息子と娘)は?学歴や経歴がエグい!年収も!

Sponsored Links

こんにちは!MINATOです。

「お、ねだん以上。ニトリ♪」のキャッチフレーズでお馴染みのニトリ。

広い店舗の中にある家具や雑貨が見やすく、おしゃれで安いのが特徴で、ニトリの商品を愛用している方も多いのではないでしょうか?

そう言えば「ニトリ」は、創業者ある会長の似鳥昭雄(にたとりあきお)さんの苗字から取られたものなんですよね!

さて、今回は「似鳥昭雄の家族・子供(息子と娘)は?学歴や経歴がエグい!年収も!」と題して、似鳥昭雄会長の家族から学歴や英歴と年収について調査してまとめてみました!

それでは早速、本題へ入っていきましょう!

Sponsored Links

似鳥昭雄の家族・子供(息子と娘)は?

似鳥昭雄の家族・子供(息子と娘)

まずは、似鳥昭雄会長の家族構成から詳しく見ていきましょう。

似鳥昭雄会長には2人の子供がおり、大手印刷メーカーに勤めてる息子さんとニトリに勤務してる娘さんがいるようです。

なぜ、息子さんとニトリに入れて後継者としなかったのか気になるところですよね?

その理由は「後継者とみられて派閥ができるから」なんだそうです。

また、ニトリで勤務する娘さんが社内結婚した場合、その夫には会社を辞めてもらうそうです。

俯瞰で見て、創業者の2代目として自分の息子を後継者として継がせるのが一般的なのかなと思っていたんですけれど、どうやら似鳥昭雄会長には最初からそのような考えはなかったようですね。

 

似鳥昭雄の学歴や経歴について

似鳥昭雄

出典:https://dot.asahi.com/wa/2016091600063.html

プロフィール

名前:似鳥昭雄(にたわり あきお)

生年月日:1944年3月5日

年齢:74歳(2018年10月現在)

出身:樺太生まれ、札幌育ち

1944年3月5日に樺太で生まれた似鳥昭雄会長は3歳の時に、家族と共に北海道へ引き揚げてきました。

父親は住宅基礎工事会社を経営し、母親はヤミ米屋を経営されていたようです。

生活はとても貧しく、銀シャリを食べたことは一度もなかったそうです。

北海道札幌市内にある公立校の札幌市立白楊小学校へ入学した似鳥昭雄会長は、小学校時代はいじめられっ子で、母親がヤミ米屋の仕事をしていたので「ヤミ屋」と言われていたそうです。

小学校卒業後は、札幌市立北栄中学校に進学。

中学生になってもイジメに遭い、集団暴行を受けていたという辛い時期があったそうです。

ですが、小学生から続けていた米の配達のおかげで腕力がつき、似鳥昭雄会長もケンカやいたずらに明け暮れる悪ガキだったんだとか!

一方で学業はどうだったかというと、勉強は嫌いで成績はよくなかったそうですね。

学校の成績が悪かった似鳥昭雄会長は、受験した高校すべてが不合格…。

最後に受験した同高の学長に母親が米1俵を贈って、北海道工業高等学校(現在は北海道科学大学高校)に補欠合格してもらい入学することができたそうですよ。

いわゆる「裏口入学」というものでしょうか…(笑)

子供の頃から商売に携わっていたこともあって、高校時代はそろばんの成績はズバ抜けて良かったそうですが、他の科目の成績は悪く苦労されていたそうです。

それでも何とか無事に高校を卒業し、札幌短期大学に進学。

その後、北海道学園大学経済学部に編入して卒業しています。

実は、受験した4年生の大学はすべて不合格で、札幌短期大学に進学できたのでは「替え玉受験」のおかげなんだそうです(笑)

似鳥昭雄会長の学歴を見てみると、何だか色々と問題が…(^^;;

大学を卒業した後は、父親が経営する会社に入社しますが、肉体労働に嫌気がさし家出して退職してしまいます。

次に就職した広告会社も半年ほどで解雇されてしまい、その後に10社くらい不採用と悩まされていたそうです。

そして、似鳥昭雄会長が23歳になった時に「周囲に家具屋がなかったから」という思いつきが動機となり、ニトリの前身会社を設立。

最初からどうしても順調には行かず、様々な困難に直面していたようですね。

しかし、28歳の時に渡米してアメリカのビジネスモデルに触れたことがきっかけで、その後に家具店のチェーンストア化を図り、全国的に店舗を拡大。

現在は500店舗以上を展開する巨大家具チェーン店へと成長しています。

一代でここまで築いてしまう似鳥昭雄会長には脱帽です。

似鳥昭雄会長のユニークな経歴から講演会や著者でも人気があるようです。

 

似鳥昭雄の年収はいくら?

似鳥昭雄の年収

現在、500店舗を超える巨大大型チェーン店のニトリだけに、やはり似鳥昭雄会長の年収がどのくらいなのか気になります。

そこで、似鳥昭雄会長の年収を調べてみました!

すると、なんと似鳥昭雄会長の年収は1億2000万円

お客様に喜んでもらえる良い商品をお手頃な価格で提供する、ニトリの創業者である似鳥昭雄会長の年収はやはりすごかったですね!

 

まとめ

今回は「似鳥昭雄の家族・子供(息子と娘)は?学歴や経歴がエグい!年収も!」と題して、似鳥昭雄会長の家族から学歴や英歴と年収について調査してご紹介させていただきましたが、いかがだったでしょうか?

似鳥昭雄会長は後継者として息子さんには継がせないとのことです。

会社と家族が一緒になってしまうと上手くいくものが、そうならなかったりするのかもしれませんね。

そして、似鳥昭雄会長の学歴や経歴もユニークなもので、年収はものすごくもらっていることが分かりました。

今後、ニトリがどのように展開していくのか、また似鳥昭雄会長の後継者についても注視していきたいと思います。

それでは今回はこれで以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました!

MINATO

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください