ジャンドミニクスナールの経歴と性格は?日産会長になる可能性はある?

Sponsored Links

こんにちは!MINATOです。

1月24日付で、仏ルノーの新会長に就任した、仏ミシュランのジャンドミニク・スナール最高経営責任者。

ルノーの新会長に就いた、ジャンドミニクスナールさんはどんな方なのでしょうか?

そこで今回は、

  • ジャンドミニクスナールの経歴と性格は?
  • ジャンドミニクスナールが日産会長になる可能性はある?

が気になったので調査してみました。

それでは早速、本題へ入っていきましょう!

Sponsored Links

 

 

ジャンドミニクスナールの経歴と性格は?

出典:https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1166355.html

仏ルノーは、カルロスゴーン被告に代わり、CEOを務めてきた仏タイヤメーカー「ミシュラン」のジャンドミニクスナールさんを新会長に就きました。

ジャンドミニクスナールさんがCEOを務めてきたミシュランは、世界2位の売上高を誇るタイヤメーカーで、ホテルや飲食店を格付けする「ミシュラン・ガイド」でも有名です。

そんなジャンドミニクスナールさんの経歴について、箇条書きでまとめてみました。

経歴
  • 1953年3月7日:仏ヌイイ・シュル・セーヌ生まれる
  • ビジネススクールHECパリで修士号を取得
  • 1979年:石油会社トータルSAで財務・経営管理職
  • 1987年:建材メーカーの仏サンゴバンで財務管理
  • 1988年2月:現金と資金調達で副理事長に任命
  • 1991年1月:理事長に任命
  • 1996年:アルミニウムメーカー仏ペキニーでCFO執行役員に就任
  • 2003年:鉱山会社アルカンがペキニー買収後、アルカン会長兼執行委員
  • 2005年3月:仏ミシュラン最高財務責任者および執行評議員に就任
  • 2007年5月:グループのマネージングパートナー兼財務法務の責任者
  • 2014年11月:マネージングジェネラルパートナーとして継続

現在、65歳のジャンドミニクスナールさんですが、ルノーの新会長になるだけあってすごい経歴です。

現時点では、ジャンドミニクスナールさんの人柄について詳しいことは分かりませんが、率直に物を言う性格との評価があるそうです。

 

ジャンドミニクスナールが日産会長になる可能性はある?

仏ルノーの新会長に就任したジャンドミニクスナールさんですが、日産の会長に就任することはあるのでしょうか?

調べてみると、1月25日に行った、フランスのマクロン大統領が安倍首相との電話対談で、日産の新しい会長について、カルロスゴーン被告の後任にはルノー新会長のジャンドミニクスナールさんが務めることが適当だという考えを伝えたとのことです。

なので、ジャンドミニクスナールさんが日産の新会長を務める可能性はあるかもしれません。

 

 

まとめ

今回は、

  • ジャンドミニクスナールの経歴と性格は?
  • ジャンドミニクスナールが日産会長になる可能性はある?

に注目して調査していきました。

ジャンドミニクスナールさんの経歴をみていきましたが、超エリート路線を辿って来た素晴らしい経歴でしたね。

そして、日産の新会長について、マクロン大統領が安倍首相との電話対談で、ジャンドミニクスナールさんが務めるのが適当との考えを伝えたとのことです。

果たして、ジャンドミニクスナールさんが日産の新会長になるのか、今後の動向に注目が集まりそうです。

それでは今回はこれで以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました!

MINATO

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください