広河隆一の家族・娘と妻の名前と顔写真は?経歴や学歴のプロフィールも

Sponsored Links

こんにちは!MINATOです。

著名フォトジャーナリストとして知られる広河隆一さんから、性的な暴力を強要されたとし複数の女性が告発したことで大きな注目を浴びています。

今回は、広河隆一さんに関して、

  • 広河隆一の家族・娘と妻の名前と顔写真は?
  • 広河隆一の経歴や学歴のプロフィール

といった内容で紹介していきます。

広河隆一さんには娘さんがいるようなのですが、どんな方なのか気になります。

それでは早速、本題へ入っていきましょう!

Sponsored Links

 

 

広河隆一の家族・娘と妻の名前と顔写真は?

広河隆一さんの家族が気になったので調査してみました!

調べてみると、広河隆一さんは2度の結婚経験があることがわかりました。

最初に結婚した妻は、イスラエル人の方で、名前は「ルティ・ジョスコビッツ」さんと言い、「広河ルティ」とも呼ばれていたようです。

最初の妻のルティさんの顔写真は見当たりませんでしたが、評論家として活動されていたようです。

そして、広河隆一さんとルティさんとの間には、2人の子供がいます。

子供についての情報はほとんどないのですが、画家やパーカッション奏者として活躍してる娘は「タミイJ広河」という名前で活動しており、現在は沖縄に住んでいるとの情報もあります。

広河隆一さんの娘と思われる顔写真があったのですが、100%確証ができないので、ここでは控えさせていただきますね。

最初の妻のルティさんと離婚した後は、一般の女性と結婚されています。

現在の妻の名前や顔写真は見当たらなかったのですが、大手出版社に務めているとのことです。

もしかしたら、仕事を通じて現在の妻と出会ったのかもしれませんね。

 

広河隆一の経歴や学歴のプロフィール

プロフィール
  • 名前:広河隆一(ひろかわ りゅういち)
  • 別名:廣河隆一
  • 生年月日:1943年9月5日
  • 年齢:75歳(2018年12月時点)
  • 職業:フォトジャーナリスト、戦場カメラマン、政治活動家

経歴と学歴

広河隆一さんの生まれは日本ではなく、中国の天津市なんだそうですね。

2歳の時に大阪に帰省し、日本の学校に通っています。

広河隆一さんの学歴は以下の通りです。

学歴
  • 1956年:高鷲町立小学校 卒業
    ※現在:羽曳野市立高鷲小学校
  • 1959年:羽曳野市立高鷲中学校 卒業
  • 1962年:大阪府立生野高等学校 卒業
  • 1967年:早稲田大学教育学部 卒業

広河隆一さんの最終学歴は、早稲田大学ということで、学生の頃は勉強に熱心で頭が良かった印象を受けますね。

その後の経歴を見てみると、大学卒業後は企業に就職はせずに、1967年にイスラエルに渡航したその直後に第三次中東戦争に遭遇したことがきっかけで、中東諸国を中心に取材活動を行うジャーナリストとなります。

第一次レバノン戦争に関する取材で、1982年によみうり写真大賞を受賞。

1983年、IOJ国際報道写真展大賞で金賞の受賞を果たします。

2002年には、日本ビジュアルジャーナリスト協会を設立し、翌年の2003年に、株式会社デイズジャパンを設立して代表取締役を務めます。

2004年には、フォトジャーナリズム月刊誌「DAYS JAPAN」を再創刊し、編集長に就任。

2015年12月、広河隆一さんの戦場カメラマンや政治活動家としてのこれまでの足跡や生き方などを描いた「広河隆一 人間の戦場」と称するドキュメンタリー映画が制作され、本人も出演しています。

 

 

まとめ

今回は、

  • 広河隆一の家族・娘と妻の名前と顔写真は?
  • 広河隆一の経歴や学歴のプロフィール

に注目して紹介させていただきました。

広河隆一さんは豊富な経歴をお持ちなのに、生行為などの強要をした疑惑が報じられたことが出てしまったのは非常に残念なことです。

また、家族も今回の件で悲しまれているのではないでしょうか…。

それでは今回はこれで以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

MINATO

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください