ドワイトの今現在と結婚した妻と子供の家族は?逮捕理由や脱獄方法も!

Sponsored Links

こんにちは!MINATOです。

アメリカ人のドワイト・ワーカーさんをご存知でしょうか?

ドワイトさんは、メキシコの空港で逮捕された後、刑務所で出会った結婚相手の女性と脱獄計画をして、見事に刑務所から脱獄したアメリカ人の青年です。

なぜ、ドワイトさんは逮捕されてしまったのでしょうか?

また、脱獄方法や、今現在のドワイトさんと結婚した妻なども気になります。

そこで今回は「ドワイトの今現在と結婚した妻と子供の家族は?逮捕理由や脱獄方法も!」と題して、ドワイトさんが逮捕された理由や脱獄方法、そして今現在や家族などについても調査してみました。

それでは早速、本題へ入っていきましょう!

Sponsored Links

 

 

ドワイトの今現在と結婚した妻と子供の家族は?逮捕理由や脱獄方法も!

まず、ペルーの旅行中になぜ、ドワイト・ワーカーさんが逮捕されてしまったのか、その経緯から見ていきたいと思います。

ドワイトが逮捕されるまでの経緯

事件が起きたのは、1973年。

ペルーのマチュピチュを旅行をしていた、アメリカ人のドワイト・ワーカーさんは、当時まだ大学生でした。

ドワイトさんは医者を目指して頑張っていたのですが、貧乏でお金に困っていたところ、「違法薬物をアメリカまで見つからずに運べば大金が手に入る」という密輸の話に乗ってしまったのです。

軽い気持ちで実行することを決心したドワイトさんは、違法薬物「コカイン」をギプスの中に入れてアメリカへ持ち込む方法を思いつきました。

ドワイトさんは、骨折を装いギプスの中に隠しながら荷物検査をなんとかパス。

そのままペルーから飛行機に乗ってメキシコへ渡ろうとしたのですが・・・

その後、警官にあっけなく取り押さえられ、ギプスの中に隠していたコカインが暴かれてしまったのです。

そして警察は、ドワイトさんにスペイン語で書かれた1枚の文面にサインをするように言い渡されました。

アメリカ人のドワイトさんは、スペイン語が読めなかったため、その場でサインすることを拒否します。

ですが、警官はサインするよう、ドワイトさんに電流が流れる棒で拷問。

拷問をかけられてしまったドワイトさんは、スペイン語で何が書かれているか分からない文面に仕方なくサインをしてしまいました。

その文面には一体何が記されていたのかというと、

『裁判を行うことなく、刑務所で5年の刑期を認める』

という契約書だったのです。

まさか、ドワイトさんもこのような内容の契約書だとは思ってもいなかったでしょうね。

本当に強要した警察官も恐ろしいです(-。-;

 

送られた刑務所で命を失いかけた?

警官に強要され、契約書にサインをしてしまったドワイトさんは、メキシコの刑務所に収容されることになってしまいます。

ドワイトさんが送られた刑務所というのは、メキシコの極悪刑務所と呼ばれる「レクンベリ刑務所」でした。

実際に、ドワイトさんは囚人の1人からいきなりナイフで腹部を刺され、命に別状はなかったものの、1週間の入院をされたそうです。

このままでは自分の命は危ないと9ヶ月間絶えた末に、月100ドル看守に支払うことを条件に安全な独房に入ることができたと言います。

 

服役中に出会った女性との運命と脱獄方法

看守に月100ドル支払うようになってからは、危険な目に遭うことは少なくなりました。

そんなある日、アメリカ人の友人が面会に訪れ、その時に連れ添いで来た女性にドワイトさんは恋に落ちたのです。

その女性が、後にドワイトさんと結婚する妻です。

ドワイトさんが恋に落ちた女性の名前は「バーバラ」さんと言います。

もう2度と彼女と会うことないと思っていたドワイトさんでしたが、面会後にバーバラさんから手紙を出したり、それからも面会に来るようになりました。

そして次第に惹かれ合い、バーバラさんからドワイトさんに脱獄計画を持ちかけたのです。

なぜ彼女は、ドワイトさんに脱獄することを提案したかというと、その理由は「裁判もしないで刑期の設定がいい加減」であった為だからです。

また、契約が5年の刑期だとしても、必ず保釈される保証がなかったからです。

脱獄することを決めたドワイトさんに、バーバラさんが提案したのは「ドワイトさんが女装して、面会した人になりすまして脱獄」という方法でした。

なぜそのような脱獄方法を提案したかというと、メキシコには「妻が脱獄の助けをしても罪にならない」という法律があるからです。

とても変わった法律ですよね…(^^;;

つまり、ドワイトさんとバーバラさんが結婚してしまえば、妻に罪はならないということになります。

そこで、2人は結婚することを決め、女装に必要な衣装たカツラ、化粧品などを、バーバラさんが用意して、面会時に渡すことに成功。

脱獄の準備が整ったドワイトさんは、受刑して1年9ヶ月が経った12月17日に決行することを決めます。

当日、ドワイトさんは刑務所で親族や仲間を集めて結婚式を挙げました。

結婚式が終わってから脱獄するまでの10分の間に、ドワイトさんは急いでメイクをして女装。

そして見事に、ドワイトさんは脱獄することができたのでした。

 

ドワイトの今現在と家族について

脱獄することに成功したドワイトさんは今現在どう過ごされているのでしょうか?

脱獄が成功してから40年以上が経っていますが、その間に一度も刑務所に戻ることはなく、今現在「PTSD」という病と闘っているそうです。

PTSDとは「心的外傷後ストレス障害」のことを言い、強い精神的なストレスやショックな体験などが原因でなることが多いようです。

おそらく、ドワイトさんは刑務所にいた時の強烈なストレスと暴力が原因となってなったのかなと思われます。

そして、結婚した妻のバーバラさんとの間には2人の子供がいるとのこと。

今現在も、家族4人で幸せに暮らしているのかと思ったのですが、1988年に離婚してしまったようです。

 

 

まとめ

今回は、「ドワイトの今現在と結婚した妻と子供の家族は?逮捕理由や脱獄方法も!」と題して、ドワイトさんが逮捕された理由や脱獄方法、そして今現在や家族などについて紹介させていただきました。

ドワイトさんが軽い気持ちでコカインを密輸したことは立派な犯罪ですが、裁判をせずに刑務所で5年の刑期を認めるような契約書に無理やりサインさせられるのも怖いですよね。

もし脱獄していなければ、いつ保釈できるか分からなかったと思うので、きっとドワイトさんは今現在も妻だったバーバラさんに感謝しているのではないでしょうか?

それでは今回はこれで以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

MINATO

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください