赤枝恒雄の今現在や妻と子供(息子)の家族は?経歴プロフィールも!

Sponsored Links

こんにちは!MINATOです。

東京医科大学の不正入試問題で、現在注目を浴びていますね。

そんな中、東京医科大の医学部看護学科の一般入試で特定の受験生を合格させるよう前理事長に依頼した国会議員について、自民党前衆院議員の赤枝恒雄氏が関与していたと話題になっています。

そこで今回は、自民党前衆院議員の赤枝恒雄氏について、

  • 赤枝恒雄の今現在や妻と子供(息子)の家族は?
  • 赤枝恒雄の経歴プロフィール

といった内容で紹介していきます。

それでは早速、本題へ入っていきましょう!

Sponsored Links

 

 

赤枝恒雄の今現在や妻と子供(息子)の家族は?

自民党前衆院議員の赤枝恒雄氏は今現在、どんな活動をされているのでしょうか?

調べてみると、赤枝恒雄氏は今現在、東京都港区にある「赤枝六本木診療所」の院長として、思春期の子供たちから性感染症や望まない妊娠を防ぐガールズガード運動などの活動をされていることが分かりました。

診療所を経営する他に、赤枝恒雄氏は「赤枝恒雄後援会事務所」で、現在も後援会の会員を募集しています。

この後援会では、赤枝恒雄氏の政治活動を後援し、日本国の発展と日本国民の生活の向上を図り、併せて、会員相互の親睦を含めることを目的にしているようです。

また、「赤枝恒雄と政治を勉強する会」というのも定期的にされているようで、毎回ゲストとして現職の議員や役所の専門家をお招きして議論をされているとのことです。

現在でも、赤枝恒雄氏の勉強会に参加することはできるようなので、興味のある方はご覧いただければと思います。
詳細はこちら

 

赤枝恒雄の妻と息子

赤枝恒雄氏の家族が気になったので調査してみました。

すると、赤枝恒雄氏には妻と子供(息子)がいるようです。

赤枝恒雄氏の妻については名前や年齢などの情報が一切見当たらなかったので何も得ることができなかったのですが、息子は多摩市で産婦人科を開業し院長を務めているとのことです。

赤枝恒雄氏の息子と思われる方の名前と顔画像を発見することができたのですが、100%の確証がないため、ここでは控えさせていただきます。

 

赤枝恒雄の経歴プロフィール


プロフィール
  • 名前:赤枝恒雄(あかえだ つねお)
  • 生年月日:1944年3月16日
  • 年齢:74歳(2018年12月現在)
  • 出身地:徳島県
  • 学歴:東京医科大学

経歴

赤枝恒雄氏の経歴について箇条書きで紹介していきます。

  • 1968年3月:東京医科大学卒業
  • 1968年4月:東京医科大学産婦人科学教室へ入局
  • 1977年10月:東京港区に「赤枝六本木診療所」を開業
  • 1982年6月:日本で初めて「水中出産」を実践
  • 1991年5月:財団法人赤枝医学研究財団設立
  • 1994年9月:バングラデシュ、母子保健病院(ICMH)ダッカ内に赤枝桶谷乳房管理センターを設立
  • 1999年10月:STAR基金設立
  • 2012年12月:第46回衆議院議員総選挙で自由民主党の比例東京ブロックから出馬し初当選
  • 2014年12月:第47回衆議院議員総選挙で自民党の比例東京ブロックから出馬し当選(2期目)

今現在は、思春期の子ども達から性感染症や望まない妊娠を防ぐガールズガード運動を展開しています。

 

 

まとめ

今回は、自民党前衆院議員の赤枝恒雄氏について、

  • 赤枝恒雄の今現在や妻と子供(息子)の家族は?
  • 赤枝恒雄の経歴プロフィール

といった内容で紹介させていただきました。

東京医科大の不正入試問題で、医学部看護学科の一般入試で特定の受験生を合格させるよう前理事長に依頼した国会議員が、自民党前衆院議員の赤枝恒雄氏が関与しているとして、現在注目の的になっています。

赤枝恒雄氏は関与を否定していますが、真相はどうなのでしょうか?

赤枝恒雄氏の今後の動向に注目です。

それでは今回はこれで以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

MINATO

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください