サラローズサマーズの経歴プロフィール!ミス米国の評判はどう?

Sponsored Links

こんにちは!MINATOです。

ミス・ユニバースの米国代表のサラローズサマーズさんが、ベトナムとカンボジアの両代表の英語力のなさを指摘した動画をネットで配信したことで、非難を浴びる炎上騒ぎとなりました。

そんな米国代表のサラローズサマーズさんについて今回は、

  • サラローズサマーズの経歴プロフィール!
  • ミス米国サラローズサマーズの評判はどう?

に注目して調査してみました。

それでは早速、本題へ入っていきましょう。

Sponsored Links

 

 

サラローズサマーズの経歴プロフィール!


プロフィール
  • 名前:Sarah Rose Summers(サラローズサマーズ)
  • 生年月日:1994年11月4日
  • 年齢:24歳(2018年12月時点)
  • 出身地:アメリカ・ネブラスカ州
  • 学歴:テキサス・クリスチャン大学
  • 職業:モデル

経歴

アメリカのネブラスカ州オマハで生まれたサラローズサマーズさんは、4歳の時に「特発性血小板減少性紫斑病」と診断されました。

特発性血小板減少性紫斑病というのは、血小板が減少してしまうことで出血の危険が高まる病気で、国が指定する難病だと言われています。

そんな難病を4歳の時に患っていたんですね。

高校卒業後は、テキサス・クリスチャン大学に進学し、「小児発達」と「経済学」の2つの学科を専攻して学んでいたそうです。

そして、大学を卒業した後、現在は「チャイルド・ライフ・スペシャリスト」としての活動をされています。


チャイルド・ライフ・スペシャリストというのは、医療環境にある子どもや家族に対して、心理社会的支援を提供する専門職のことを言います。

子どもや家族が抱えうる精神的負担を軽減したりするのが、チャイルド・ライフ・スペシャリストの務めのようです。

きっと、サラローズサマーズさんも4歳の時に発症した難病で大変な思いをしたからこそ、多くの子どもたちの精神的負担を軽減させるような職に就きたかったのかなと思いますね。

そして、2018年にミス・ネブラスカに出場したサラローズサマーズさんは、見事「Miss USA 2018」の頂点に輝きました。

ミス・ユニバースの世界大会では、決勝への進出を果たしています。

 

ミス米国サラローズサマーズの評判はどう?

ミス・ユニバース米国代表のサラローズサマーズさんが、ベトナム代表のヘンニエさんを「とてもかわいい子で、英語がよく分かっているふりをする」など、インスタグラムに投稿されたライブ配信で発言。

その後さらに、カンボジア代表のレルンシナットさんについては、「英語が全く話せず、自分の言葉を話す人が一人もいない。想像できる?フランチェスカ(オーストラリア代表)がそれはとても心細いだろうと言うから、私もそうね、始終わけが分からないでしょうね、と答えた」と話し、サラローズサマーズさん「かわいそうなカンボジア」と同情を示す発言をしました。

こういった、サラローズサマーズさんの発言に対して、外国人を見下した発言などと非難する投稿が相次ぎ、炎上する事態になってしまったのです。

では、日本ではサラローズサマーズのどう評価してるのか、その評判をまとめてみました。

日本でも、サラローズサマーズさんの発言には、見た目は美しても中身は美しくないとの評判で、厳しい意見がありました。

 

 

まとめ

今回は、

  • サラローズサマーズの経歴プロフィール!
  • ミス米国サラローズサマーズの評判はどう?

に注目して調査していきました。

米国の代表としてミス・ユニバースに出場したサラローズサマーズさんは、他国の代表に侮辱するような発言をしたことで、大きな非難を浴びることになってしまいました。

すでに、サラローズサマーズさんは反省し謝罪をしていますが、今後の活動にも影響が出てしまうかもしれませんね。

それでは今回はこれで以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

MINATO

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください