竹本萌瑛子の姉や母親と父親の家族は?身長体重と高校・経歴プロフも

Sponsored Links

こんにちは!MINATOです。

人気雑誌「CanCam」の読者モデルとして、“かわいい”と評判の竹本萌瑛子さん。

そんな竹本萌瑛子さんが自身のツイッターで、「14歳の野球少女時代」の写真を公開して大きな話題になっていました。

そういえば、小学4年生から野球を始めたのも父親の影響がきっかけだったんですかね?

今回は、竹本萌瑛子さんの家族が気になりましたので、

  • 竹本萌瑛子の姉や母親と父親の家族は?
  • 竹本萌瑛子の身長体重と高校・経歴プロフィール

家族の他に竹本萌瑛子さんの経歴プロフィールもまとめてみました。

それでは早速、本題へ入っていきましょう!

Sponsored Links

 

 

竹本萌瑛子の姉や母親と父親の家族は?

竹本萌瑛子さんの家族構成は、父親と母親の両親、そして姉の4人家族のようです。

竹本萌瑛子さんの家には野球漫画「H2」があり、また父親とキャッチボールをしているうちに野球をやりたい気持ちが出て、家族に野球経験者はいなかったそうですが、小学4年生の時に入部を決意したとのことです。

入部を決めた時、母親は、男の子の中に1人だけ女の子が入ることが心配だったそうですが、最終的には娘が楽しいと思うのが一番いいと思って後押ししたと言います。

確かに、男の子の中に1人だけ女の子が入って野球をやるとなると、怪我などの心配もありますからね(^^;;

竹本萌瑛子さんが自身のツイッターで、「14歳の野球少女時代」の写真を公開して話題になったのがこちら↓↓↓

この写真は14歳の時だったと訂正していますが、太ももの筋肉とか見ると、本格的に野球をやっていたのが分かりますね!

母親に向けて「熊本の芋野球少女から、表参道で撮影する女になっちゃったよ」 と言っています(笑)

もしかしたら家族も、野球少女からモデルになるとは思っていなかったかもしれませんね。

竹本萌瑛子さんの家族に関する情報がほとんど出ていないので、父親と母親と姉の名前や年齢などは分かりませんでしたが、きっと素敵な家族なんだろうなと思います。

今後、家族に関する情報が出てきましたら、追記させていただきます。

 

竹本萌瑛子の身長体重と高校・経歴プロフィール

 

View this post on Instagram

 

萌瑛子さん(@moeko_takemoto)がシェアした投稿

プロフィール
  • 名前:竹本萌瑛子(たけもと もえこ)
  • 生年月日:1996年5月28日
  • 年齢:22歳(2018年12月時点)
  • 出身地:熊本県
  • 血液型:A型
  • 身長:169cm
  • 趣味:読書、食べログを見ること
  • 特技:ストラックアウト、スマッシュブラザーズ(ゲーム)
  • 大学:日本大学文理学部社会学科

身長と体重

竹本萌瑛子さんの身長はプロフィールにも記載してあるように、169cmだと分かっていますが、体重については公表されていません。

ちなみに、女性で身長が169cmである場合の標準体重は62.8kgのようです。

竹本萌瑛子さんはとてもスタイルがいいので、標準体重より軽いのは確かでしょう。

憶測にはなってしまうのですが、竹本萌瑛子さんの体重は53kgくらいでしょうか?

 

高校

現在、日大に通う大学4年生の竹本萌瑛子さんですが、高校は出身地である熊本県の「熊本学園大学付属高等学校」です。

この高校は、熊本県内の私立高校で偏差値が上から2番目の難関高校!

竹本萌瑛子さんはスポーツもできて勉強もできる優秀な方なんですね!

高校時代は野球部ではなく、弓道部だったそうですよ。

これまた似合ってて、カッコいいですね!

 

経歴

高校卒業後、地元の熊本から上京して日本大学文理学部社会学科に進学した竹本萌瑛子さんは、2016年に「日本大学桜麗祭ミスコン」でグランプリを獲得しています。

そして現在は、人気雑誌「CanCam」の読者モデルとして活躍し、さらに「CanCam it girl」のメンバーとしても活動しています。

CanCam it girlは、読者さんの憧れの的でもあるので、そのメンバーである竹本萌瑛子さんにも大きな注目が集まっています。

 

 

まとめ

今回は、竹本萌瑛子さんの家族が気になりましたので、

  • 竹本萌瑛子の姉や母親と父親の家族は?
  • 竹本萌瑛子の身長体重と高校・経歴プロフィール

に注目して紹介させていただきました。

現時点ではまだ、竹本萌瑛子さんの地名度は高いとは言えませんが、「14歳の野球少女時代」の写真を公開してから話題となり、人気も高まっているので、これからの更なる活躍が楽しみです。

また、テレビにも出演する機会が増えることも期待したいと思います。

それでは今回はこれで以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました!

MINATO

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください